「○○の子」という表現

例えば「アホの子」といった「○○の子」というように主体をずらす・・・属性に「所有されている」という表現は一体いつからあるのかしら。