途中returnとか

return文は関数に一つだけ
ガード節による入れ子条件記述の置き換え

確かに途中returnってガード節を実現したいときぐらいにしか使ってないかもしれんな。